サーフィンライフ~自由な生き方をしたい中年オヤジのブログ

理想のサーフィンライフを手に入れる為お金、時間、健康、自由について発信するブログです。

自分の人生を生きよう

こんにちはアタリメ93です。🦑

 

自分の人生楽しんでいますか?幸せですか?

現実は他人に気を使ってばかりで自分の人生が楽しめてない人も沢山いると思います。

 

人はどうしたら幸せになれるのか?私達の悩みはどう向き合いべきなのか?に答えを出すためアドラー心理学について説明していきます。

 

アドラー心理学とは?

 

アルフレッド.アドラー。オーストリア生まれの心理学者であり心理学者です。

アドラーが提唱した心理学の事をアドラー心理学と呼んでいます。アドラー自身は個人心理学と呼びます。

他の誰にも代えることのできない個人の独自性に注目し、一人ひとりがどのように生きていくべきかを考えたものです

 

そんなアドラー心理学の中でも自分が重要だと思った課題の分離、について解説していきます。

 

課題の分離

 

課題分離とは?

課題の分離とは「他者の課題には土足で踏み込まない」事。自分の課題と他者の課題を切り離して考えることです。

 

誰の課題かの判断仕方

 

○最終的に困るの(責任を負う)は誰?

○最終的に評価や結論を出すのは誰?

の2点です。

 

1️⃣自分が相手からのどう思われてるか?

2️⃣相手から見返りの行動や言葉を求める

3️⃣相手を命令して強制させたいと思う

 

これら3つとも自分が相手の課題に入りこんでしまってる事になります。

 

(例)自分は仕事を一生懸命頑張っているけどなかなか上司が評価してくれない。

 

夫婦間で俺(私)は家庭の事をこんなにやってるのに相手は労いの言葉もない。

 

親が子に勉強しろと口うるさく言うけど子がなかなか勉強してくれない。

 

相手が自分をどう思う(評価)かや見返りをするかどうか、命令して従う事は最終的に決断するのは自分ではなく相手です。

 

他者を支配したり、相手の心をコントロールする事はできないと同時に人をムリヤリ変えることはできないということです。

 

また当然他者も自分の事は変えられません。自分は自分しか変えられないのです。

 

なぜ課題の分離が必要か?

 

課題の分離ができてないと自分の人生を捨てて、他者の期待を満たす為の人生になるからです。

 

対人関係の悩みは多くは自分が他者の課題に土足で入りこんだり、他者が自分の課題に入りこんでくるからと言っても過言ではありません。

 

他者の期待を満たす人生とは?承認要求に支配された人生。

 

承認要求

承認要求とは他者に褒められたり、認めてもらいたいと言う思いです。

誰でも褒められたり、みんなに認められてもらえる事は気持ちがいいですね。

 

しかし褒めたり、認めるのも相手が決める事で相手の課題だともうわかりますね。

 

このように課題の分離ができてないと、承認要求ばかり求め、支配され自分の人生が生きれなくなってしまいます。

 

自分は他者の期待を満たす為に生きているのではないし他者も自分を満たす為に生きているのではないのです。

 

自分がやった事に感謝の言葉を求めたり、期待するのをやめて、感謝されようがされまいが相手に貢献できたと自分で感じる事が大切です。

 

要は自己満で満足できる人間になろうってことです。

 

このように自分の人生を生きるには課題の分離が必要不可欠になります。

 

また課題の分離は現状をはっきりさせて最善の道を見極める為のステップで、他者の課題だから相手との関わりを切っていく事ではありませんので誤解しないでください。

 

まとめ

 

アドラー氏は人生におけるあらゆる悩みは対人関係に由来していて、対人関係から生まれる悩みは、自分と相手の課題を分離できてない事が原因と言ってます。

 

課題の分離ができていれば対人関係の悩みもなくなり、人生における悩みもなくなります。

 

人生における悩みがなくなれば自分の人生を好きに、自由にいきれる事に繋がります。

 

私も対人関係で悩んでいた時がありましたが課題の分離を考える事により対人関係での悩みやストレスが格段に減りました。

 

皆さんもぜひ課題の分離について考えてみてください。

 

でわまた👋