サーフィンライフなオヤジのブログ

サーフィンについて書こうと思う。。。

コロナ太りを治してサーフィン準備

こんにちは@atreme93です。

 

自粛生活で体重が増えてしまったり不健康になってしまった人もいるんではないでしょうか?

 

私もその中の一人です。

 

サーフィンも再開できる事を願って体重を落としていこうとしています。

 

また目先のダイエットや健康維持ではなく

 

70歳、80歳まで波乗りできるような体にしていきたいと思ってます。

 

病院や薬などは世の中にありますが

 

結局は自分自身の免疫力の強さが最強だと思っています。

 

腸内環境を整えれば腸内にたまった老廃物をきちんと排出でき、カラダによい必要な栄養をきちんと吸収できるのでダイエットを始め、健康や老化を遅らせることができます。

 

また免疫力が上がることはインフルエンザや風邪、新型コロナウィルスへの有効な対策になります。

 

 

腸はどんな働きをするのか?

 

腸は食べ物の消化や、食べた物の栄養を吸収したり食べカスを排泄物に変える働きがあります。

 

しかし腸は消化・吸収、排泄をするだけの消化器官ではありません。病気を未然に防ぐ免疫細胞が集結している免疫組織でもあります。

 

この免疫組織はカラダ全体の60%〜70の免疫細胞が腸内に集中していて私達が毎日食べて体に入ったものを「必要なもの」「有害」と分けて必要なものは消化・吸収して有害なものもは排除するという仕事を毎日してくれています。

 

このように腸内環境が良ければこのような腸の働きのおかげでウィルスや病原体に負けないカラダになれるのです。

 

f:id:atarime93:20200524085846j:image

腸内環境を整えるとは?

 

腸内環境を整えるということは腸内細菌のバランスを整えることです。

 

腸内細菌は大きく分けて3つの菌があります。

 

善玉菌(ぜんだまきん)消化を助け肥満や老化を防止し健康を維持する菌

 

悪玉菌(あくだまきん)腸内を腐敗させて病気の原因を作る菌

 

日和見菌(ひよりみきん)状況しだいで善玉菌にも悪玉菌にも変化する 健康なときは特に毒にも薬にもならず淡々と生きている菌 

 

私たちの腸壁にはこの腸内細菌が種類ごとに集まってびっしりと腸壁に生息しています。

 

この腸内細菌の群れを腸内フローラと呼びます。

 

f:id:atarime93:20200524090010j:image

 

 

そして腸内環境を整えるにはこの3つの腸内細菌のバランスを整えることが重要です。

 

理想の腸内細菌のバランスは善玉菌20% 悪玉菌10% 日和見菌70%の割合です。

 

悪玉菌のなかでも大腸菌はサルモネラ菌等の食中毒の原因菌を抑えてくれます。ですので悪玉菌が全て悪いとは言いきれないところもあります。

 

日和見菌は健康なときは毒にも薬にもならないと書きましたが、健康な時は善玉菌のサポートしている菌だとイメージしてくればよいです。

 

腸内バランスは20%の善玉が優位に立ち、70%の日和見菌が善玉菌を下から支え、10%の悪玉菌が悪さをする。でも善玉菌が全体を仕切ってるというイメージで良いと思います。

 

腸内環境を整えよう

 

腸内環境を整えるには腸内の善玉菌の割合を優位に保つことが重要なポイントになります。

そのためにはまず悪玉菌を増やす食べものをさけることです。

 

悪玉菌を増やし腸内環境を悪くさせる食品の代表が動物性のタンパク質や脂質の多い食品です。

 

例えば牛肉、豚肉、牛乳、バターなどがそうです。

 

このような食べものは消化吸収に時間がかかります。そして腸内に長くたまって便秘の原因になったり、悪玉菌のエサになり有毒なガスを発生させます。

 

その課程で酸化が進み大量の活性酸素を発生させます。

 

活性酸素は体の組織や細胞をサビさせ傷つけ劣化させます。約90%は腸内の悪玉菌によって発生するもので免疫力の低下、老化、さまざまな病気の原因になるものです。

 

まずは悪玉菌の大好物になる食べものはなるべく避けるようにしましょう。

 

f:id:atarime93:20200524090251j:image

 

善玉菌をふやすには?

悪玉菌をなるべく避ける食べ物がわかれば次は善玉菌をふやす食べ物です。

 

善玉菌をふやす食品としてなじみが深いのがヨーグルトやヤクルトの乳酸菌です。

 

それ以外でもキムチ、味噌、ぬか漬けなども乳酸菌は豊富にふくまれているので積極的にとるべき食べ物だと思います。

 

f:id:atarime93:20200524090439j:image

 

食物繊維も大事

 

食物繊維は腸内に住む細菌のエサになってくれます。善玉菌をふやす手助けをしてくれますので食物繊維が豊富な食品も一緒に食べるようにしましょう。

 

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類に分けられます。

 

水溶性食物繊維---水に溶けやすく、糖の吸収をおだやかにしてくれます。 

(昆布、わかめ、きのこ、こんにゃく、野菜など)

 

不溶性食物繊維---水に溶けにくく消化・吸収されにくいため腸内の不要なものを絡めて便となって排出してくれます。

(大豆などの豆類や玄米など)

 

この豊富に含んだ食物繊維をたくさん食べるこで善玉菌をふやし腸をキレイにすることができます。

 

腸をキレイにしよう

腸をキレイにするには、まず食事が重要になってきます。上記にも書きましたが善玉菌を増やす発酵食品や食物繊維が豊富な食品を積極的にとることです。

 

善玉菌を増やす発酵食品

味噌、醤油、キムチ、ぬか漬け、お酢、納豆、チーズなど

 

食物繊維が豊富な食品

野菜類(ゴボウ、にんじん、ほうれん草、ブロッコリーなど)

 

イモ類(里いも、こんにゃく)

 

海藻、きのこ類

 

玄米は白米の5倍の食物繊維が入ってます。

 

もち麦にしては白米の25倍の食物繊維が入っています。 

 

はくばく もち麦ごはん50g(12袋)

はくばく もち麦ごはん50g(12袋)

  • メディア: 食品&飲料
 

 

私も普段は白米ともち麦をブレンドして食べていますが普通においしく食べれますし、便秘気味だったのが快便になりました。    

 

腸をキレイにするには発酵食品、食物繊維を意識して食べる物を選びましょう。   

 

もっと腸内をキレイにしたい人は、ファスティングもオススメします。

https://www.atarime93.com/entry/2020/04/12/190608

 

 

ストレスは腸の敵

腸はストレスによって腸の働きが低下して免疫が低下したり、脳にも悪い影響がおよびます。

 

規則正しい生活を心がけ運動、自分が没頭できる趣味などを持ちストレスに負けない心をつくるようにしましょう。

 

f:id:atarime93:20200524090744j:image

 

まとめ

 

腸内環境が整い腸がキレイになれば吸収された栄養はスムーズに細胞に届き、不要なものは出ていきます。細胞の状態も良くなって免疫力を上げ病気になりにくいカラダになり老化も遅らすことができます。

 

疲れやすい、病気にすぐかかる、シワやシミが気になる等ある人はまず腸内環境の改善からしてみてはいかがでしょうか。

 

きっと体に変化が起こると思いますよ。    

 

でわまた👋

新しい腸の教科書 健康なカラダは、すべて腸から始まる